バッハ リュート組曲BWV997。ほとんどの旋律をフルートが取ってしまったらギターファンに嫌われるでしょうか?(笑)

ドイツのギタリストが編曲した楽譜を使いますが、ドゥーブルはさらに金谷さんによるアレンジも加えて、フルートの無窮動的な魅力に挑戦します。ギターとのデュオは音量も抑えますので繊細なコントロールと、息を使うフルートならではの、活き活きしたバッハ リュート組曲を楽しめそうです。

ジュリアーニ ソナタは自然に身を任せて難しいコト抜きで楽しめる曲!

ギターとフルートの響きもしっくり自然に馴染んできました。一年前、空での演奏とはまた違ったコンサートとなりそうです♪

Share: